スポンサーサイト

  • 2010.06.19 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


大手町駅ホームで突き落とし(産経新聞)

 東京都千代田区の東京メトロ東西線大手町駅のホームから、男性会社員(44)を線路に突き落として殺害しようとしたとして、警視庁丸の内署は2日、殺人未遂の現行犯で、神奈川県綾瀬市の自称自営業、中保純一容疑者(60)を逮捕した。「ぶつかった際に謝らなかったのでやった。殺すつもりはなかった」と殺意を否認しているという。犯行当時、酒に酔っていた。男性は足の骨を折る重傷を負った。

日中戦争めぐり首相「やられた方は覚えている」 (産経新聞)
「日本政府規制に乗り出すべき」 CNN「ヘンタイゲーム」批判特集(J-CASTニュース)
<新型インフル>水際対策の効果「限定的」 国際チーム解析(毎日新聞)
傷害容疑で追送検=反捕鯨のSS活動家−海保(時事通信)
校庭にミカン苗、容疑者の土地が消防署にも(読売新聞)

公明・神崎元代表が辞職表明(産経新聞)

 公明党元代表の神崎武法常任顧問(66)は1日午前の党中央幹事会で、衆院議員を辞職すると正式表明し、了承された。同日中にも衆院議長に辞職届を提出する。

【関連記事】
神崎元公明代表、引退へ 坂口副代表も勇退検討 自民離れ加速
政治とカネの問題で公明・山口氏「首相が率先垂範しないとますます支持率下がる」
公明、与党の道再び? 「驚くほど10年前と似てきた」幹部も認める
「公明との連立や選挙協力あり得ない」 民主・輿石氏
無節操?公明のラブコールに民主ニタニタ 社民は“キーッ”

首相、普天間移設先「現地の了解とりつける」(産経新聞)
閣僚外遊、随員最小限に=枝野行政刷新相(時事通信)
生活保護の女性中傷、市に慰謝料10万円命令(読売新聞)
頭部ない女性の全裸遺体、スーツケースに(読売新聞)
谷垣総裁「不祥事に民主党は誰も責任を取らない」(産経新聞)

規制改革分科会が初会合=鳩山政権で論議スタート(時事通信)

 政府の行政刷新会議(議長・鳩山由紀夫首相)の下に設置された規制・制度改革分科会(会長・大塚耕平内閣府副大臣)は29日、都内で初会合を開き、鳩山政権での規制改革論議を本格的にスタートさせた。6月をめどに各検討テーマについて対処方針を決める予定。各省庁の抵抗が激しい場合は、公開の場で関係者を呼んで議論する「規制仕分け」も検討する。
 会合の冒頭あいさつで枝野幸男行政刷新担当相は「これまでの規制改革は、厚い壁に阻まれて緩和されていないところと、逆に緩和だけが進んで弊害が生じた両面があった」と指摘。メンバーに対し、「消費者や利用者の視点を持って、現状の規制を見直してほしい」と求めた。 

【関連ニュース】
独法制度の廃止目指す=仕分けで再編、新形態を検討
郵政論議は「民主党らしさ」=行政刷新相
規制改革分科会、29日に初会合
「無戸籍の子」救済へ改正案=議員立法目指す

住宅支援機構が認可額を上回る債券を発行(産経新聞)
<原子力安全白書>稼働率向上など推進色の濃い内容に(毎日新聞)
妖怪たちが「ゲゲゲの女房」PR(産経新聞)
「中国製」ぬぐえぬ不安、管理強化求める声も(読売新聞)
「刺すぞ」と路上で男に刺され、22歳男性死亡(読売新聞)

熊本県も和解受け入れ=水俣病未認定患者訴訟(時事通信)

 水俣病未認定患者団体「水俣病不知火患者会」(熊本県水俣市)の約2100人が国や県、原因企業チッソに損害賠償を求めた訴訟で、県は24日、熊本地裁が示した和解所見(和解案)を受け入れる方針を決めた。国は既に受け入れを表明しており、チッソ、原告側が受け入れを決めれば、29日に同地裁で開かれる協議で和解が成立する。
 蒲島郁夫知事は24日、県議会が和解案受け入れを決議したことを踏まえて態度を表明。記者会見で「和解案を積極的に受け入れる。被害者が高齢化しており、一日も早い救済を求めている」と話した。 

【関連ニュース】
チッソも受け入れの可能性=水俣病和解案で
水俣病、和解案受け入れ=未認定患者訴訟で
水俣病訴訟、和解の可能性=国や患者会、所見受け入れ検討
水俣病和解案、十分に検討=鳩山首相
一時金210万円、国は療養手当=患者認定は「第三者委」

横路衆院議長が左足骨折で入院(産経新聞)
当初予算案の条件付き可決模索=築地市場移転問題で−都議会民主(時事通信)
建設会社社長ら2人を逮捕=玉東町の入札妨害−熊本県警(時事通信)
信楽透器 電球の光ほんのり通す 特許と商標出願中(毎日新聞)
参院広島に亀井郁氏擁立へ=元県議は出馬取りやめ−国民新(時事通信)

<日本絵本賞>大賞の嶋田さんら表彰(毎日新聞)

 第15回日本絵本賞(主催・全国学校図書館協議会、毎日新聞社、特別協賛・山田養蜂場、協賛・図書印刷、旭洋紙パルプ)の表彰式が25日、毎日新聞東京本社の毎日ホールで行われた。日本絵本賞大賞に選ばれた「カワセミ 青い鳥見つけた」(新日本出版社)の著者で動物写真家の嶋田忠さんをはじめ、日本絵本賞の「オオカミのおうさま」(偕成社)のきむらゆういちさん、「すやすやタヌキがねていたら」(文研出版)の内田麟太郎さん、渡辺有一さんらに表彰状が贈られた。

 嶋田さんは「鮮やかなカワセミの色をデジタル処理によって写真に再現できた。子どもほどホンモノが理解できるので、今後も過激に幼稚に、絵本を編み出していきたい」と語った。

【関連ニュース】
エンダン文庫:母国でも語り継ぐインドネシア人青年の勇気
読書感想画中央コンクール:受賞者が活版印刷体験
日本絵本賞:大賞に「カワセミ:青い鳥見つけた」
特集:第21回読書感想画中央コンクール(その1) 感動シーン、思い重ね
本はともだち:第15回日本絵本賞 大賞「カワセミ 青い鳥見つけた」嶋田さんに聞く

新田選手の「金」を祝福=鳩山首相(時事通信)
死体遺棄容疑、新たに男2人逮捕 茨城県警(産経新聞)
<シクラメン>「多弁咲き」開発…産業技術総合研など(毎日新聞)
NOx26%削減も=自動車課金制度導入で−環境省検討会(時事通信)
<大学・短大認証評価>愛知学院大法科大学院は「不適合」(毎日新聞)

<消費生活相談員>配置に格差4.8倍…体制の強化進まず(毎日新聞)

 全国の消費生活センターなどで相談業務を担う消費生活相談員の配置数(人口10万人換算)が、都道府県によって4.8倍の格差があることが毎日新聞の調べで分かった。消費者行政の強化が叫ばれながら地方任せになっていたことが一因とみられ、消費者庁は今夏までに相談体制の在り方について一定の指標を示す方針だ。

 都道府県と市区町村にある消費者行政担当課と消費生活センターに配置された相談員の合計(08年4月1日現在)から、人口10万人当たりの数を割り出した。

 最多は佐賀(4.3人)で奈良・岩手(3.8人)、徳島(3.7人)と続く。最少は大分の0.9人で、次が宮崎(1.1人)、愛媛(1.2人)。全国平均は2.13人だが円山茂夫・明治学院大准教授(消費者法)は「相談窓口の実情をみると、4〜5人が望ましい」と話す。

 消費者被害は泣き寝入りすることが多く、08年の国民生活白書によると、被害に遭ってどこにも相談できなかった人は34%。相談員の配置は被害を掘り起こし拡大を防ぐ効果があり、熊本県阿蘇市が05年度に配置したところ、県と市への市民からの相談が07年度に700件に上り、04年度の倍に増えた。

 消費者行政は地方自治法などで自治体が行う事務とされ、財政難の自治体では予算削減が続いてきた。国は09年9月に消費者庁を発足させ、相談員の増員などを促す基金を設けたが、期限付きのため、その後の財政負担を考え増員をためらう所が多い。

 日本弁護士連合会などは配置基準の法制化による相談体制の強化を要望している。【山田泰蔵】

【関連ニュース】
火災原因:ライター火遊び4割が子ども 消費者庁など調査
虚偽表示:健康食品でネット320社指導−−消費者庁
iTunesストア:音楽配信で不審請求、消費者庁が再度質問状
日清ファルマ:カプセル製品の「トクホ」認めず−−消費者委
トランス脂肪酸:自主的に表示を 消費者庁通知へ

過半数は微妙?大阪府議会の「伊丹廃港決議案」(読売新聞)
<京都大>卒業式、今年も仮装登場…でも少なめ(毎日新聞)
<小林千代美議員>首相「党で対処必要」(毎日新聞)
戦没者を洋上慰霊8千キロ、激戦のレイテ沖など(読売新聞)
民主内紛 生方氏、自己責任で話すのは当然 高嶋氏、外部に批判出たのは問題(産経新聞)

放射線障害防止法にクリアランス制度−文科省が改正案(医療介護CBニュース)

 文部科学省は、医療機関などが排出する放射性汚染物の取り扱いを規制する「放射線障害防止法」の改正案を、現在開かれている通常国会に提出している。改正案は、放射性同位元素によって汚染されたもののうち、人体に極めて低い被ばくしか与えないものについて、放射能を測定・評価、確認した後に、通常の産業廃棄物と同じ方法で処理・再利用できる「クリアランス制度」を導入する内容。一方で、医療用のサイクロトロンなど高エネルギーの放射線発生装置の使用に伴って発生する「放射化物」を新たに規制対象に加え、これらを廃棄したり、クリアランスしたりする場合の取り扱いを放射性汚染物と同じにする。法律に違反した場合の罰則も強化する。


【放射線障害防止法におけるクリアランス制度の概要詳細図の入った記事】

 文科省は、2012年4月からの改正法施行を目指している。
 改正案に盛り込まれたクリアランス制度は、放射性汚染物に含まれる放射線量が、健康への影響を無視できる「クリアランスレベル」以下であることを国が2段階で認可・確認する仕組み。
 具体的には、放射性汚染物がどのように再利用・処分されたとしても、作業に携わる人や近隣住民らが1年間に受ける線量が0.01ミリシーベルトを超えない場合をクリアランスレベル以下とみなす。

 クリアランス制度を利用しようとする医療機関などの事業者は、実際には放射線量ではなく、対象物中の放射性物質の濃度を測定・評価する。放射能濃度の測定・評価法は、事業者側が国に申請し、認可を受ける。国は、事業者が実施した測定・評価の結果も確認する。
 文科省によると、放射能が一定の濃度を下回れば、放射線量もクリアランスレベル以下になる。クリアランスレベル以下に相当する放射能濃度の基準は、改正法の施行までに省令で定める。
 医療機関などからの放射性汚染物は現在、現行法に基づく取り扱いが義務付けられているが、改正後は、放射能濃度がこの基準を下回れば、通常の産廃と同様に処理・再利用する方法を選択できるようになる。

 文科省によると、今回の法改正は、放射線の影響が無視できる廃棄物について「安全かつ合理的に」処理・処分できるような選択肢を用意するのが狙いだ。同法で規制される放射性廃棄物は、200リットルのドラム缶に換算して約25万本(昨年3月末現在)が保管されているが、専門家の試算では、このうち最大で半分程度がクリアランスレベル以下の廃棄物と見込まれるという。

 放射性廃棄物を大量に排出する医療機関が、クリアランスレベル以下の廃棄物を通常の産廃として処理できれば、コスト削減につながる可能性があると文科省ではみている。ただ、新たに義務付けられる放射能濃度の測定・評価に伴う負担増などの要素もあり、すべての医療機関でコスト削減を期待できるかどうかは不確定だ。

■廃止措置「30日以内」の期限は撤廃

 高エネルギーの放射線発生装置を使うと、その装置自体の部品や、装置を設置しているコンクリート床などが、放射能を持った放射化物になることがある。これら放射化物の取り扱いは現在、通達で規定されているが、改正後は法規制の対象に位置付ける。
 例えば、エックス線の最大エネルギーが一定量を超える装置を廃棄したり、病院の移転に伴ってこうした装置を固定しているコンクリート床を廃棄したりする場合に、現在の放射性汚染物と同じ取り扱いを求める。
 文科省は、エックス線の最大エネルギー量が6メガ電子ボルトを超える装置を使用する場合について、どのような部位を規制対象にするかを検討している。具体的な基準は今後、専門家らのワーキンググループなどで検討する予定だ。

 放射線発生装置の使用や放射性同位元素の使用を止める場合、現在はこれらの使用を完全に止めてから30日以内に廃止を届け出る必要がある(廃止措置)。しかし、クリアランス制度の導入に伴い作業や手続きが増えることなどから、今後は廃止措置を30日以内に終えるのが困難になると見込まれるため、この期限を撤廃。廃止措置に向けた計画の届け出を義務付け、国が計画の内容や進ちょく状況を把握する形に切り替える。

 廃止措置に向けた計画の進ちょく状況は、国が立ち入り検査などで把握する。廃止措置の終了に際して虚偽の内容を報告した場合の罰金は、現在の30万円以下から、改正後は100万円以下に引き上げる。
 放射性廃棄物を完全に処理しないなど廃止措置を終えず、文科相の命令にも従わなかった場合には、1年以下の懲役か100万円以下の罰金、またはその両方が科される可能性がある。


【関連記事】
基礎から臨床への「橋渡し研究」強化を―文科省作業部会
医療系の大学院教育検証で骨子案提示
薬学部の基礎データ収集に向けて議論―文科省
最新の脳科学研究をテーマにワークショップ―文科省
12私大の医学部入学定員増を認可答申

<点字ブロック>発祥地・岡山市に記念モニュメントが完成(毎日新聞)
<訃報>菅谷孝子さん73歳=元清泉女子大副学長(毎日新聞)
<小沢幹事長>副幹事長職を慰留、生方氏が了承(毎日新聞)
二葉百合子さん 引退会見 「今が幕を下ろす時期」と語る(毎日新聞)
<八百長疑惑裁判>賠償を3割以下に減額 東京高裁判決(毎日新聞)

<国分寺死体遺棄>4〜5人の男が車で連れ去る 数人を聴取(毎日新聞)

 東京都国分寺市の路上で15日、住所職業不詳の中川公太さん(22)の遺体が見つかった殺人、死体遺棄事件で、中川さんは同日未明に現場から約4キロ離れたJR西国立駅付近の路上で4〜5人の男に襲撃され、車で連れ去られていたことが警視庁小金井署捜査本部の調べで分かった。捜査本部は襲撃に使用されたとみられる車を押収するとともに、関与した疑いのある男数人から任意で事情を聴いている。

 捜査本部によると、中川さんは15日午前0時15分ごろ、立川市羽衣町1のJR西国立駅近くの路上で、知人男性と一緒にいるところを4〜5人の男に襲われ、バットで殴るなどの暴行を受けた。その後、中川さんだけが白色のワンボックスカーで連れ去られたという。【神澤龍二、山本太一】

【関連ニュース】
死体遺棄:身元確認 頭に複数の殴打跡 東京・国分寺
変死:両手をテープで縛られた男性 東京・国分寺の路上
東京・国分寺の変死体:遺体の身元確認、頭に複数の殴打跡

国分寺男性殺害 車で連れ去り、数人から事情聴取(産経新聞)
有事の核持ち込み、容認せず=岡田外相発言に不快感−平野官房長官(時事通信)
基金の利息原資を減税の原資に 杉並区で初の条例可決(産経新聞)
山形・蔵王で雪崩遭遇の男性、心肺停止で発見(読売新聞)
「審査ずさん」と銀行批判=コシ社社長に実刑−三井住友融資詐欺・東京地裁(時事通信)

<学力テスト>中学教諭が点数改ざん「成績悪くて…」 福島(毎日新聞)

 福島県いわき市の市立磐崎(いわさき)中学校(新妻和之校長、生徒数406人)の男性数学教諭(52)が、2月に実施された市中学校長会主催の学力テストを採点した際、1年生約60人の答案を書き直したりして、点数を不正につり上げていたことが分かった。教諭は「成績が思っていたよりも悪く、やってしまった」と話しているという。福島県教委は、中学からの報告を受け次第、教諭を処分する方針。

 テストは学習到達度をみるため、2月2日、全市立中44校で5教科実施された。

 磐崎中によると、解答を返却した同4日、数学について1年生から「自分の字ではない字で解答が書かれている」「答えを書かなかったのにマルがある」などの指摘があった。学校が全4クラス115人の解答を調べた結果、約60人で1人1〜4問の誤答や無解答が正答に直されていた。

 教諭は改ざんを認め、学年集会で「申し訳ないことをした」と謝罪したという。新妻校長は「一生懸命テストを受けた子供たちにすまない」と話した。【神保圭作】

秋篠宮さまのタイご訪問、日程を変更(産経新聞)
スカイマーク機高度誤って飛行、機長が入力ミス(読売新聞)
上海万博訪問を検討=唐前国務委員に伝える−鳩山首相(時事通信)
トキ8羽死ぬ、2羽も瀕死状態=動物に襲われる? −環境省(時事通信)
<ケニア人元留学生>在留特別許可求め入管出頭 元駅伝選手(毎日新聞)

カーネル・サンダース人形 甲子園球場近くに定住へ(毎日新聞)

 大阪・ミナミの道頓堀川で昨年3月に24年ぶりに見つかったカーネル・サンダース人形が、兵庫県西宮市の阪神甲子園球場に近い「ケンタッキー・フライド・チキン阪神甲子園店」に落ち着くことが決まった。日本ケンタッキー・フライド・チキン(東京)が10日、発表した。19日に記念セレモニーがある。

【写真特集】道頓堀川からカーネル・サンダース人形を24年ぶりに発見

 人形は大阪市中央区の当時の道頓堀店の前にあったが、85年、リーグ優勝に興奮した阪神タイガースのファンによって川に投げ込まれ、その後の阪神低迷は「カーネル・サンダースの呪い」とも言われた。川で発見後は補修され、全国各地で披露された。同社は「定住」の地を検討、タイガースの本拠地に近い店に決めた。ケースに入れることも検討している。

 同社広報室は「安住の地が決まり、人形もホッとしているはず。阪神ファンだけでなく、多くの人に喜んでもらいたい」と話している。【粟飯原浩】

【関連ニュース】
【写真特集】カーネル人形:補修が終了 おはらい受け「呪いは解けた」
【関連記事】カーネル:下半身や右手部分も見つかる 大阪・道頓堀川
【関連記事】カーネル・サンダース人形:大阪・道頓堀で発見 呪いは解けた
【こちらは普通のカーネル】綾瀬はるか:カーネル・サンダースと2ショット 創業40周年ケンタッキーのブランド大使に

<郵便不正>別の元部下も否定 大阪地裁(毎日新聞)
西武池袋線の入間市−西武秩父間、倒木撤去作業のため運休(産経新聞)
アクチュエイトジャパン、BIRTレポート閲覧用iPhoneアプリを公開
春を告げる炎、「伊豆富士」大室山で山焼き(読売新聞)
石川県知事に谷本氏5選=茨城の橋本氏と並び現職最多(時事通信)

calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
sponsored links
リンク
携帯ホームページ
競馬サイト
アフィリエイト ホームページ
クレジットカード現金化
債務整理無料相談
情報商材レビュー
携帯ホームページ
selected entries
archives
recent comment
  • 【近ごろ都に流行るもの】中価格帯ホテル 等身大の個性と癒やし(産経新聞)
    みっくみく (08/26)
  • 【近ごろ都に流行るもの】中価格帯ホテル 等身大の個性と癒やし(産経新聞)
    とろろいも (01/14)
  • 【近ごろ都に流行るもの】中価格帯ホテル 等身大の個性と癒やし(産経新聞)
    カドルト (01/08)
  • 【近ごろ都に流行るもの】中価格帯ホテル 等身大の個性と癒やし(産経新聞)
    タンやオ (12/29)
  • 【近ごろ都に流行るもの】中価格帯ホテル 等身大の個性と癒やし(産経新聞)
    リョータ (12/25)
  • 【近ごろ都に流行るもの】中価格帯ホテル 等身大の個性と癒やし(産経新聞)
    きんちゃん (12/18)
  • 【近ごろ都に流行るもの】中価格帯ホテル 等身大の個性と癒やし(産経新聞)
    ちょーたん (12/14)
  • 【近ごろ都に流行るもの】中価格帯ホテル 等身大の個性と癒やし(産経新聞)
    ポロネーゼ (12/05)
  • 【近ごろ都に流行るもの】中価格帯ホテル 等身大の個性と癒やし(産経新聞)
    ポコラーニャ (11/26)
  • 【近ごろ都に流行るもの】中価格帯ホテル 等身大の個性と癒やし(産経新聞)
    しゅうじん (11/20)
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM